電話なし キャッシング

電話確認なしも選択可能

誰にも知られず借りれる

キャッシングサービスは便利でよく利用しているのですが、申し込む時に一番心配だったのが、家族とか会社とか誰かに知られないかということでした。

 

銀行のカードローンやCMでお馴染みの大手消費者金融のキャッシングなら、信頼できるし安心して使えますが、できれば他人には知られたくありません。

 

キャッシングを申し込むには、職業や勤務先を届け出なくてはならなくて、必ずその勤務状況の確認というのがあるんですよね。

 

はじめて申し込んだとき、この在籍確認の電話で会社の人にバレるのではないかと思い、めちゃくちゃ緊張しました。

 

しかし今は、この在籍確認が書類で行われて電話なしのキャッシングもあるので紹介しますね。

プロミス

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で★30日間無利息サービス!★

 

プロミスは申込フォームで在籍確認方法を「電話での確認」か、「書面での確認」か選ぶことができます。

 

「書面での確認」であれば電話連絡なしで審査を受けることができます。

 

書面とは、例えば給与所得者であれば、「保険証」または「最新の給与明細(1ヶ月分)」となります。

 

さらに、審査結果の連絡も「メール」を選択して、書面の受け取りも「ホームページにて確認(Web明細)」を選択すれば、契約時に返済を「口座振替(口フリ)」を選択すれば、「カードなし」の契約も可能です。

 

カードなしなら他人にカードを見られることもなく、バレる心配も紛失の心配もありませんよね。

 

契約が完了すれば振込キャッシングですぐに借り入れが可能で、対応金融機関は200行以上あります。

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座であれば、平日15時以降でも土日祝日でもすぐに振り込んでもらえます。

 

このように、プロミスは自宅から一歩も出ずに申込みから融資までWEB完結も可能(※希望に添えない場合もあります)なんです。

 

 

モビット

モビットもネット申込でWEB完結サービスがあり、勤務先確認や審査結果の連絡も「電話連絡なし」を選択することができ、カード発行なしとなっています。(※審査の際に確認が必要であれば本人へ電話がある場合もあります。)

 

ただし、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行どちらかの口座を持っていて、さらに社会保険証(健康保険証など)をもっていることが条件となっています。

 

私の場合は実際、金融会社からの在籍確認の電話は会社名を名乗らず個人名で電話を掛けてきたのでバレずにすみましたが、やっぱり会社に電話を掛けられるのは嫌ですから電話なしで審査してもらえるのは嬉しいですよね!

 

「電話なし」と言っても、もし提出物に不備があった場合には本人に電話がかかってきます。

 

例えば、コピーが不鮮明だったり免許証などの写真を撮ったときに反射して文字が読みづらかったりすると確認の電話があるかも知れません。

 

会社に電話を掛けられるよりマシだとは思いますが、できれば自分にも電話がないように、申込内容や提出物に不備がないように注意しましょう。

キャッシング電話なし.com
キャッシングは電話なしがいい!

キャッシングで大切なのは計画性

「ご利用は計画的に!」キャッシングのテレビCMでよく耳にするフレーズですよね。

 

キャッシングサービスを利用する上で最も重要なのが計画的利用です。

 

銀行や大手消費者金融であれば、ほとんどの場合がカードローンとなっていますので、いつでもどこでも何度でも必要なときにキャッシングすることができます。

 

審査によって利用限度額が決められていますので、そんなに使い過ぎるということはないようになっていますが、決められた毎月の返済ができなくなるくらい使うのは絶対ダメです。

 

そういう意味では銀行のカードローンより消費者金融のほうが使いやすくなっています。

 

というのは、毎月の最低返済額が銀行に比べて少ないからです。

 

銀行のカードローンだと毎月の返済額が1万円以上というところもありますが、消費者金融だと1,000円以上というところもあります。

 

もちろん、毎月の返済額は利用残高によって違ってきますので、10万円借りているのに返済額が1,000円ということは無理ですが、5万円借りているときに1万円返さないといけない銀行より、2,000円でOKの消費者金融のほうが返済が楽です。

 

いずれにしても、「電話なし」で誰にもバレる心配がないからといって借り過ぎるのは注意しましょう!